4月 152012
 

 以前書いたとおり、Ambient Weather SRS100LX Temperature and Humidity Solar Radiation Shield はアメリカまたはカナダにのみ出荷してくれる。こういった shipping to US only 的なものは Amazon.com でも割とあったりするが、こういう場合は輸入代行業者を通して購入することになる。

 いろいろ調べてみると、輸入代行業者は個人経営に毛が生えたレベルのところが多く、対応には賛否両論あるわけだが、米国日通の転送eペリカンを発見した。これはいわゆる輸入代行ではなく、あくまで個人向け転送サービスのみを行っている。そのため、購入先とのやりとりはこちら側で行う必要があるが、通常は Order Form さえ埋められれば英語でのやりとりは発生しないわけだし、これで十分なはずだろう。

 転送eペリカンの特徴はこんな感じ。

  • 日本国内では大手運送サービスなので、比較的信用できる。
  • 離島を除いて転送にかかる手数料などは代引きで支払い。
  • 転送先受け入れ後、配送までの状況をトラッキングできる。

eペリカン追跡画面

 流れはこんな感じで、何ら難しいところはない。実際に Weather Ambient から購入してみたが、

  • 3/13 発注
  • 3/17 転送アドレス到着
  • 3/20 発送
  • 3/23 日本着
  • 3/25 通関
  • 3/26 配送

となった。日本で通販すると発送後だいたい翌日か翌々日には到着するが、アメリカの場合、そもそもアメリカは日本と比べものにならないほど広いために到着まで3日くらいかかる。今回は UPS での発送だったので、転送アドレス到着までの荷物のトラッキングも可能だった。
 もう一点、転送アドレス到着から発送まで3日かかっているが、これは土日を挟んでいることが大きいと思われる。もし営業日であれば、ここは若干短くなる可能性がある。到着~通関も土日を挟んでいるが、通関日が日曜日であることから、ここは土日を挟んでもそんなに日数には差が出ない可能性が大きい。

 こんな感じで個人輸入してみたが、今回かかった費用は

  • SRS100LX代金: $35.95 ($4値引済)
  • SRS100送料: $7.02
  • eペリカン転送料: $40.00
  • サーチャージ: $3.75

だった。この手の個人輸入の場合、関税や所得税を追加請求される場合があるが、今回はされなかったので上記ですべてとなる。eペリカン関連の $43.75 は代引き支払いで 3,573 円だった。

 さて、2週間ほどかけて到着した SRS100LX だが、

SRS100LX到着

SRS100LX到着

開梱してみると、厳重に梱包はされているものの

SRS100LX梱包

すでに転送時に検品されていることもあって、もともとの梱包から出された状態で詰められていた。

開封したSRS100LX

開封したSRS100LX

 こんな感じで、初めての個人輸入は無事完了した。今回は個人利用だったので問題がないといえば問題がないのだが、梱包がなくなるのが気になる場合は別の業者を利用した方がいいかと思われる。


Comments

comments

Powered by Facebook Comments