Category Archives: Zabbix

Zabbix のデータベースをきれいさっぱり初期化して再インストールした

以前のブログが消えてしまったので通算何年かは正確に覚えていないものの、このブログも運用している自宅サーバは Zabbix で監視している。

単純にローカルで監視していると外部ネットワークが切れても気づけないケースがあるので外部にも Zabbix と BIND を置いて多重化してあるが、今回、自宅側の Zabbix のデータベースを DROP DATABASE して作り直してみた。

決してバックアップが取れていないことを確認しないままサクッと rm -fR /var/lib/mysql をやったわけではない。決して。

Read more »

さくらのVPSからZABBIXで外部死活監視を行う

自宅サーバに限らず、インターネットでサーバを立てる場合、その死活監視が問題になる。要件としては、

  • 24 時間 365 日自動で監視すること。
  • 問題が発生した場合は、メールや IRC などで迅速に通知できること。
  • L2・L3 レベルに加えて、Web死活監視など L7 レベルの監視もできると望ましい。

あたりだろうか。さらに死活監視内容は 2 パターンあって、

  • ネットワーク内の全てのサーバ機器が正常に動作しているか監視。
  • ネットワーク外からサービスが正常に見えているか監視。

となる。ネットワーク外からネットワーク内のサーバ機器全てが見える状況はセキュリティの観点から全くあり得ないので、前者と後者は常にセットで実施する必要がある。そして後者は監視対象とは別のネットワークに置く必要がある。理由は簡単で、

  • 監視対象のネットワークが存在する回線に問題がある場合、ネットワーク内にある死活監視からはアラートを送信できない。
  • 参照する DNS の場所やファイアウォールのルールなどの関係で、ネットワーク内から見えるステータスとネットワーク外から見えるステータスが同じとは限らない。

が挙げられる。

長らく我が家の自宅サーバは外部死活監視が存在しない状況だったが、ISP の仕様上、10,800 秒 (= 7 日) ごとに接続が切れること、そのタイミングで外側のネットワークインターフェイスを named が listen しなくなることがあることから、さくらの VPS で外部死活監視を行うことにした。

Read more »