9月 232017
 

以前、AMD Ryzen 7 1700 と Linux でカーネルがクラッシュしたり Segmentation Fault が多発する問題を書いたが、AMD Global Customer Care とやりとりした結果、最終的には無事解決できた。


Continue reading »

6月 032017
 

この問題は無事解決した。

我が家の自宅サーバは 10 年近く Xeon X3350 で稼働していたが、

  • さすがに 10 年も経つと HDD のセクタ置換済みが結構増えてきた。
  • 別に Phenom II 1065T で稼働する KVM マシンがあるが、電気代の関係で 1 台にまとめたい。
  • 1.5TB が溢れそうになってきた。

こともあって、最近リリースされた Ryzen 1700 でリプレイスすることにした。

しかし、実際に稼働させてみると 24 時間も経たずにカーネルがクラッシュしてしまう問題がある。


Continue reading »

10月 052014
 

shellshock

ここのところ色々と話題になっている Shell Shock 問題、顧客からの問い合わせで色々大変な思いをしているケースもあると思う。 特に今回の Shell Shock は一度のパッチですべてを解決できなかったこともあり、相当大変だったと思う。JPCERT の脆弱性情報も対応するパッチ情報で「以下」と「未満」を間違えていたりと、どれが正しいのかよく分からない状況だった。

そんな場合に問題になるのが、サポート対象外となってもリプレイスできない、リプレイスするためのリソースを割り当てられない CentOS 4.x の対応。

Continue reading »

7月 262012
 

 普段、自宅では Mac を使うことも多いが、仕事ではほとんど Gentoo Linux を使っている。とはいえ、仕事ではどうしても Office ドキュメントを扱うこともあり、LibreOffice ではレイアウトが崩れることが多いこともあって Windows XP + Office 2010 を使っている。

 Windows は自前でビルドした VirtualBox 上で起動していたが、当初割り振った仮想ディスクの容量では足りない事態になったため、仮想ディスクの容量を増やしてみた。

Continue reading »

7月 182012
 

 5 月に ZABBIX がメジャーバージョンアップして 2.0 がリリースされていたが、7 月にリリースされた 2.0.1 が Gentoo Linux でも Portage ツリーに追加されたのでインストールしてみた。

 これまでは Web インターフェイスについては手動インストールしていたが、外部監視用のさくら VPS には Gentoo Linux で使われている webapp-config を使ってインストールしたこともあって、LAN 内の ZABBIX についても webapp-config でアップデートすることにした。

Continue reading »