4月 222012
 

 以前、雨量計を別途ベランダに直置きして誤検知が発生するか試すと書いたが、結果から言えば誤検知は発生した。どうやら、雨量計につながるケーブルにノイズが乗っているのが原因らしい。そこで、ノイズが乗ることを前提にファームウェア側で処理することにした。

 雨量計の信号は常時 HIGH になっていて、マスが転倒する際にマスについた磁石がリードスイッチを通過することで一瞬 LOW になる。Sparkfunのファームウェアの場合、HIGH → LOW のタイミングで割り込みを発生させ、割り込みが発生すれば雨量計が転倒したものとしてカウントアップする。ただし、マスが転倒していある間は信号にノイズが乗るので、前回のカウント時から 100 μ秒以内の割り込みについてはカウントアップしないものとして処理している。キーとなる点は、雨量計の中のマスが転倒する際、ノイズと比べると転倒に比較的時間がかかるということ。

Continue reading »

2月 262012
 

 前回紹介した SparkFun USB Weather Board だが、マイコン周りは Arduino と同等なので、自分でファームウェアを書き換えたりもできる。今回、SparkFun のサイトから USB Weather Board の最新ファームウェアをダウンロードした上で、湿度表示が小数点表示になるように変更してみた。

SHT15 temperature:              10.05 deg C
SHT15 humidity:                 42.1 %
SHT15 dewpoint:                 -2.27 deg C
BMP085 pressure:                1004.88 mbar
BMP085 temperature:             11.20 deg C
TEMT6000 light:                 0.1 %
Weather meters wind speed:      0.0 m/s                 FAIL
Weather meters wind direction:  -1 degrees      FAIL
Weather meters rainfall:        0 mm            FAIL
External power:                 0.00 Volts      FAIL

Continue reading »