5月 262012
 

 我が家のネットワーク環境には、3ware 9650SE-4LPML で RAID 運用しているサーバが 2 台ある。そのうち 1 台、この blog 用の MySQL も稼動しているマシンの 3DM2 から以下のようなメールが来た。

May 24, 2012 02:02.03PM - Controller 0
ERROR - Drive timeout detected: port=1

 タイムアウトしただけでデグレードはしていないので HDD の故障というわけではない。そこで、smartmontools で S.M.A.R.T. 情報を取得してみた。

 通常、ハードウェア RAID カードの場合、RAID カード上のプロセッサが各 HDD にデータを読み書きする仕様になっている。そのため、ホスト側の CPU からはドライバがなくても RAID アレイが 1 台のディスクドライブに見えるしブートも可能となる反面、実ドライブにアクセスすることはできない。だが、3ware や LSI の RAID カードの場合、smartctl にオプション -d 3ware,N を追加することで実ドライブの S.M.A.R.T. 情報を取得することができる。N はポート番号で、デバイスファイルは /dev/twaX を指定する。X はコントローラ番号となる。

Continue reading »

5月 262012
 

 旧 3ware、現在は LSI の RAID カードを使っていると、3DM2 というデーモンがある。これは RAID カードを監視して問題があればメールで通知してくれたりする便利なデーモンなのだが、通知機能に加えて WebUI 機能も持っている。RAID カード自体の操作はコンソールコマンドの tw_cli でもできるのだが、WebUI のほうが楽なのでたまに使っていた。

 そんな 3DM2 だが、最近 HDD にトラブルがあったらしく、アラートメールが来たので確認のためにログインしようとしてみた。Linux 版 Chromium では SSL 証明書のアラートが表示されるのだが、それ以降は Chromium 側でエラーとなって全く進めない。ひと通り試してみたが、

  • Windows

    • IE8
    • IE9
    • Firefox12 (9は可能)
    • Chrome
  • Linux

    • Firefox12
    • Chromium
  • Mac

    • Chrome

ではダメだった。

Continue reading »

2月 012011
 

 前回まででハードウェアの選び方とUSBメモリへの書き込み方だけさらっと書いたが、実際の設定などは他のblogで詳しく書かれていたりするのでサクッと割愛して、9650SEを認識させる方法だけ書いておきたい。

 9650SEのESXi用ドライバはLSIのサイトにあるのでこれを持ってくる。また、ドライバインストールには、VMware vSphere CLIが必要になる。CLIといってもActivePerlと管理用Perlスクリプトの集合 + コマンドプロンプトだったりするのだが、Perlが面倒くさいWindowsならではの仕様と言える。

Continue reading »