12月 052011
 

 ドライブレコーダー DR400G-HD を設置して1ヶ月、日本でも代理店ができたりと色々盛り上がっているようだが、ファームウェアを 1.035 にすると稼働中に謎の再起動が発生したりする問題が出ていた。DR400G-HD は BLACKVUE アプリで指定した時間が経過するかイベントが発生した時点でファイルの書き出しを行うため、再起動が発生すると最大3分の映像が失われてしまう。

 そんな問題も抱えていたが、先日、ファームウェア 1.037 が公開され、そこのリリースノートに「Stabilize the recording」とあったので更新してみた。更新する際に、解像度を FullHD から HD に落としてみた。理由は簡単で

  • 解像度を下げたほうが処理が軽くなるので再起動しにくくなるのではないか?
  • そもそも HD でも実用に足る画質ではないか?

といったところ。早速 1 時間ほど走ってみたが、酷い時は電源を入れて5分後くらいに再起動していたのが再起動はしなくなった。だがしかし、日没直前の夕日という状況で逆光下だと、完全に黒飛びする状況があることが分かった。

Continue reading »

11月 092011
 

 ドライブレコーダを PITTASOFT DR400G-HDに換えてからしばらく経ったが、ドラレコ的に問題になりそうな箇所を何箇所か走ってきた。問題になりそうな箇所といえば、

  • 並木通り – 木が原因でブロックノイズが発生する
  • 逆光 – 全体的に暗くなって映像を見難くなったり、スミアが発生する
  • トンネル出口 – 急に明るくなるので、映像が白飛びして全画面が真っ白になったりする
  • 夜間 – 映像が暗くて何も見えないケースがある
  • LED 信号機 – 50Hz または 60Hz で点滅しているので、撮影していると消灯しているように見える

くらいだろうか。前回の記事で、並木はブロックノイズが発生するものの、DR-3000 のように問題になるレベルではないこと、LED 信号機は点滅するものの、消灯しているように撮影されることはないことは分かった。今回、それ以外のケースを撮影してきたので紹介したい。

Continue reading »