12月 142011
 

前回も書いたが、USB-GEIGERをVer.2にすると、数時間でUSB-GEIGERがクラッシュする。カウントはしているらしく検知音は鳴っているが、

  • 表示が崩壊している
  • ボタンには応答しない
  • libusb経由で叩いてみても反応が返ってこず、タイムアウトする (ただし、タイムアウトは1秒に設定)

ために電源 off/on で再起動する必要がある。

usb_geiger_crashed.jpg

見た感じ、機械語で計算結果をデータが格納されているメモリに反映する際に、正しいアドレスにデータを書き込んでいない感じの画面表示になっている。この状態ではデータ取得ができず、仕方がないのでマイコンを差し戻してVer.1にした。ただ、この状況では GM 管に許容範囲以上の高電圧がかかる問題があるので、まんぼうのつれづれ日記 – 「ストリナのUSBガイガーカウンタキットの製作と問題点」にあるとおり、660kΩの抵抗を繋ぐ必要があるらしい。私の場合は 330kΩ の抵抗を発注したので、直列に繋いで対処したい。


Comments

comments

Powered by Facebook Comments