2月 062011
 

 画質が結構微妙なmobitech DR-3000だが、DR-1000では分解してピント調整をしているケースがあるので分解してみた。

dr-3000_taken_apart_01.jpg

 ケース表面にある4本のネジを精密ドライバで外すと上の状態になる。GPSモジュールが別立てになっているのでケーブルを誤って傷つけないようにする必要がある。GPSモジュールにはメイン基板と同じくボタン電池が内蔵されていて、最後の測位情報をこれで保持していると思われる。

 メイン基板中央上側にある粘着テープ状の絶縁体を剥がすとネジが一本現れる。カメラとスピーカがそれぞれフイルムケーブルとケーブルで接続されているので、同じく傷つけないように外す必要がある。

dr-3000_taken_apart_02.jpg

このネジを外すと、メイン基板をケースから外すことができる。

dr-3000_taken_apart_03.jpg

 写真右端、メイン基板裏側に実装されている銀色の立方体はSDカードスロットで、銀色のものは電波シールドを兼ねていると思われる。ここは分解していないが、CPUなどはここに実装されている模様。
 その左側に写っているの丸いものは、ACC電源が落ちたときにカードにファイルを書き出すための電力を供給する二次電池。さらにその左側に写っている金色のコネクタは、ケース外に口が掘られてはいないが、USB端子のようなコネクタが実装されている。今回は接続していないが、PCとUSB接続できたりするのだろうか。

 カメラを固定しているネジを2本外すと、カメラをケースから外すことができる。カメラを裏返すと、1本のイモネジがあり、0.89mmの六角レンチで回すことができる。ホームセンターに行けば数百円で買えるので、これを使ってイモネジをゆるめることができる。

dr-3000_taken_apart_04.jpg

 ネジをゆるめればレンズが回り、ピント調整できるはずだが…… 個体差かも知れないが、私のDR-3000は堅すぎて、ドライヤーで暖めたり色々してみてもサッパリ回らなかった。壊してしまうのは本末転倒なので、ピント調整は断念せざるを得なかった。

 最後に一つ気になったのが、基板上に実装されているタクトスイッチ。(以下赤丸)

dr-3000_internal_switch.jpg

 ケース反対側に突起部があり、このスイッチを押すことでケースの開閉を判定している可能性がある。


Comments

comments

Powered by Facebook Comments