1月 042012
 

 ネット上各所では DR400G-HD の再起動問題が話題になっているが、今回、いくつかの対策をしてみることで東京~大阪の往復計1,200km 前後の行程で一度も再起動が発生しなかった。今回試したのは以下。

  1. MicroSDカードをフォーマット。
  2. バッテリをオーディオレス GE6 フィット純正の 34B17L からボッシュ Hightec Silver II 55B19L に変更。
  3. 解像度を FullHD から HD に変更。
  4. Recording Storage Type をノーマル:イベント = 60%:40% から Time に変更。

 当たり前の話だが、複数の改善策をとっているのでどれが有効だったかは不明。ただし、1., 3. については一度個別検証して再起動が発生していることを確認している。
 2. については、GE6 フィットの問題として、搭載されているバッテリが最低限のものになっているという問題がある。なんといっても、メーカーナビ搭載か否かでバッテリの容量が変わるレベルらしい。なので、今回は純正バッテリと比べて約1.6倍の容量のものに置き換えてみた。
 4. については、ノーマル/イベント/パーキングモードで容量配分をしている場合、その配分計算に割と I/O を食うだろうという根拠のない予想で変更してみた。ちなみに、Time に変更してもGセンサーのデータは記録されているし、イベント発生時に別ファイルに切り分けられる。expire する際にノーマル・イベントの区別がされないだけで、それ以外の動作に変更はない。

 上記対応の結果、合計 30 時間ほど再起動せずに動作したことを確認した。もちろん、再起動しない保証は全くないが、現時点での再起動の対応としては

  • バッテリ変更 = 供給電力の安定化。
  • Recording Storage Type をノーマル:イベント = 60%:40% から Time に変更。

が有効な可能性がある。


Comments

comments

Powered by Facebook Comments