5月 102010
 

 引っ越しして2週間、GWを挟んだのでようやく片付いてきた感じ。GWといっても初節句とも被っていたので、思いの外バタバタしていたが……

 さて、戸建ての件の続き。何故戸建てを衝動買いしたのか、というそもそも論を出しておく。

 まず、私も家族も戸建てで育ったこと。学生時代以降にワンルームで生活していたこともあったが、高校を卒業するまでは2人とも戸建てで育っていた。

 次に、住んでいたマンションの住環境がお世辞にも良いものではなかったということ。独身時代に住んでいたワンルームマンションは大家が上階に住んでいたのだが、共用スペースの清掃などが行き届いていて非常に良かった。それに対して、買った当時に住んでいたマンションの場合、共用スペースの清掃どころか滑り止めタイルが剥がれたままの有様だった。
 入居した当初は急がざるを得ない事情があったこと、提示された2候補のうちマシな方をということで入居したが、やはり管理が行き届いていないマンションというのは住民の質もそれなりだということを感じざるを得なかった。

 次に、家賃とローン支払いについて。よく「ローン支払いが家賃より少ない。かつ持ち家の場合は資産として残る」と言われるが、もちろんそれも考慮に入れた。住んでいたマンションの家賃 + そのマンションで駐車場を借りた場合の合計がローン支払いと固定資産税・都市計画税より安かったこと、賃貸の場合は2年に1回の更新料負担があることなどがあるだろう。
 ただ、これらはやはり売り口上だと思う。持ち家の場合、火災保険にかかる費用が賃貸よりも高いこと、住んでいく上でのメンテナンス費用、さらには資産として残るといってもその流動性は低く、資産価値が例えば5,000万円あったとしても、万が一の場合に土地建物が売れなければ意味がないだろう。
 また、お手頃な価格の戸建てというのは概して駅から遠い物件が多い。徒歩15分以上はざらだし、我が家の場合は徒歩40分近くかかる位置にある。私も家族も実家は最寄り駅から車で10分以上かかるので苦にはならないが、人によっては駅から遠い点はデメリットでしかないし、その分交通費がかかるのも見逃せない。

 それでもやはり戸建てを買ったのは、育児環境が大きいと思う。小さな戸建てとはいえ、(賃貸・持ち家関わらず)同価格帯のマンションより広いこと、そして今回購入した家は建売の割に庭が広く、子供に泥遊びや砂遊び、水遊びをさせてやれることが大きかった。子供の頃にこういった遊びが好きだったので、やはり子供にもさせてやりたいと思うのは親の心情だと思う。

 最後に、なぜマンションにしなかったか。やはり左右上下、特に上下階に音が響くこと、逆に上階からの音が結構響くことがあるだろう。子供が育って走り回るようになったらトラブルの元になりかねない。私自身が子供の頃、当時公団団地に住んでいた友達の家で騒いでいたら下からクレームが来たこともあったし、戸建てを買ったときに住んでいたマンションの場合、下は駐車場の出入り口だったから良かったが、上階の男の子(2歳)の怪獣ごっこの騒音はかなり聞こえていた。それに加えて泥遊びや砂遊び、水遊びを考えると、選択肢は戸建てしかなかったように思う。

 ただ、分譲マンションの価値を全否定するつもりはない。戸建てに比べれば耐震性に富み、立地条件として駅近であることも多い。特に大規模立地の場合は駅近でかつ、付帯設備として託児所やショッピングセンターなどが整備されており、生活環境としても豊かなものになるだろう。
 内部設備を見てみても、生活動線、特に子育てを考えるとワンフロアであることはメリットでもあるだろう。オートロックの物件の場合は戸建てより防犯性は高いし、何よりも管理人がいるということは最大のメリットだと思う。

 上記を踏まえて戸建てを衝動買いした。この物件を買ったことそのものは衝動買い以外の何者でもないが、「戸建てを買う下地」というものは十分に揃っていたと思う。次は、なぜ建売を買ったかについて書いていきたいと思う。


Comments

comments

Powered by Facebook Comments