4月 272011
 

 結構稀なケースかも知れないが、Gentoo Linux + CUPS + Gnome 上の Chromium または Firefox 4.0 で Brother HL-3040CN に印刷できるページと印刷できないページがあるケースがあった。具体的には、ソフトウェア的にはほぼ同一の環境のはずの職場では問題なく印刷できる Gmail の印刷用ページや Redmine の Wiki が自宅では印刷できなかった。LogLevel warn 状態の CUPS のエラーログやWeb管理画面のジョブ結果では単純に “No pages found!” としか出ず、しかも、以前は自宅環境で印刷できていたこともあって原因がさっぱり分からなかった。

 色々試しつつも原因が分からずかなり焦ってしまったが、そこで初心に返って LogLevel debug にしてみると、非常に有意義なログが出力された。

D [27/Apr/2011:02:35:24 +0900] [Job 2207] /usr/local/Brother/Printer/hl3040cn/lpd/filterhl3040cn:
行 57: a2ps: コマンドが見つかりません
E [27/Apr/2011:02:35:25 +0900] [Job 2207] No pages found!

 確かに職場環境では何となく a2ps を入れた覚えがある。学生時代は結構使っていたが、最近の Linux 環境は印刷回りが整備されてきたことや Gedit のような Windows ライクのテキストエディタもこなれてきたこともあって a2ps なんて全くインストールしていなかった。

 気を取り直して a2ps をインストール。

emerge a2ps

結果、問題なく今まで “No pages found!” で印刷できなかった Gmail や Redmine での Wiki が印刷できるようになった。


Comments

comments

Powered by Facebook Comments