5月 262012
 

 旧 3ware、現在は LSI の RAID カードを使っていると、3DM2 というデーモンがある。これは RAID カードを監視して問題があればメールで通知してくれたりする便利なデーモンなのだが、通知機能に加えて WebUI 機能も持っている。RAID カード自体の操作はコンソールコマンドの tw_cli でもできるのだが、WebUI のほうが楽なのでたまに使っていた。

 そんな 3DM2 だが、最近 HDD にトラブルがあったらしく、アラートメールが来たので確認のためにログインしようとしてみた。Linux 版 Chromium では SSL 証明書のアラートが表示されるのだが、それ以降は Chromium 側でエラーとなって全く進めない。ひと通り試してみたが、

  • Windows

    • IE8
    • IE9
    • Firefox12 (9は可能)
    • Chrome
  • Linux

    • Firefox12
    • Chromium
  • Mac

    • Chrome

ではダメだった。

 3DM2 よりも tw_cli のほうができることは多いのだが、ググってみると LSI のサイトに 3DM2 not accessible using IE8 or IE9, on some platforms, after Microsoft KB2585542 update というのがあって、こちらから 3DM2 の更新版をダウンロードできる。「not accessible using IE8 or IE9」とあるものの、Chrome などでアクセスできない問題もこれで解決する。バイナリをこれと置き換えて一旦プロセスを kill する。

pgrep 3dm2 | xargs kill -KILL

 その後、再起動すれば Chromium などでもアクセスできるようになる。

LSI 3DM2

LSI 3DM2

 テキストエディタで /etc/3dm2/3dm2.conf を編集して再起動すればいいとはいえ、アラートメールなど、3DM2 が担っている機能もある。直接的な影響はないにせよ、WebUI にアクセスできるようになって気分的には良くなるかもしれない。今となっては SATA3 に対応していないなど見劣りする箇所も多いが、Linux でそれなりに使え、かつ管理周りのツールも揃っているハードウェア RAID カードとして 3ware 9650SE/9690SE は非常にいいカードだと思う。


Comments

comments

Powered by Facebook Comments