3月 312011
 

 前回「次はdomUのインストール」と書いていたら、 Xen 4.1 がリリースされていた。

 Xen 4.1でのupdateは公式リリースノートにもあるが、 Xen 4.0 → 4.1 ではまりそうなポイントは「A re-architected and improved XL toolstack that is functionally nearly equivalent to XM/XEND.
」になる。要は新しく xm に似たツールとして xl というのができたのだが、 xm と xl で共通で使う部分は xend から切り離されて xenstored と xenconsoled などからなる xencommons というものになった。基本的に、起動時に xencommons を起動していれば、 xl ツールを使うことができる。

Continue reading »

2月 202011
 

 前回書いたとおり、GentooベースでXen 4.0をインストールする手順を書いていく。前にも書いたが、Xen 4.0をインストールするならFedoraなどのXen friendlyなディストリビューションを選択した方がいいと思う。それでも敢えてGentooを選択する理由は、

  • そこにGentooがあるから。
  • CPUに最適化したdom0を作ることができる。
  • 本当の意味で必要最低限のdom0を作ることができる。
  • 割と最新のものを試すことができる。

あたりが挙げられるだろうか。

Continue reading »

2月 172011
 

 以前、VMware ESXiについて触れたが、実は既にXen 4.0に移行している。理由としては、大前提としてストレージをSANなどで分離していないことがあり、

  • 管理にWindowsクライアントが必要。
  • バックアップが面倒くさい。ごにょごにょすればSSHが開放されるが、単体で定時バックアップが面倒。
  • 内蔵ストレージのS.M.A.R.T.監視ができない。
  • 3DM2 (3ware製品のWebインターフェイス)もCLIも使えない。

といった理由が挙げられる。

Continue reading »

2月 012011
 

 前回まででハードウェアの選び方とUSBメモリへの書き込み方だけさらっと書いたが、実際の設定などは他のblogで詳しく書かれていたりするのでサクッと割愛して、9650SEを認識させる方法だけ書いておきたい。

 9650SEのESXi用ドライバはLSIのサイトにあるのでこれを持ってくる。また、ドライバインストールには、VMware vSphere CLIが必要になる。CLIといってもActivePerlと管理用Perlスクリプトの集合 + コマンドプロンプトだったりするのだが、Perlが面倒くさいWindowsならではの仕様と言える。

Continue reading »

1月 282011
 

 自宅サーバを置いていると、サーバを増設したいことがある。理由は色々あるが、

  • 既存のサーバの負荷が増大している場合。
  • 冗長化。
  • 目的別に別途サーバを立てたい場合。
  • サービス別にクリーンな環境を確保したい場合。

などが挙げられる。前2ケースは別個物理サーバを置いたほうがいいだろう。特にデータベースなどはCPU負荷よりもI/O負荷がネックになる場合が多いので、こういうケースは物理サーバを増設するのが望ましい。

 だが後二者に関しては、サーバを仮想化してしまうのが電気代などのランニングコストや維持管理にかかる機会費用を考えても望ましいだろう。とはいえ、過去使っていたVMware Serverなどのホスト型仮想環境はオーバーヘッドも高く、そもそもVMware Serverは見捨てられている感もある。なので、ハイパーバイザ型で4.0より無料化されたVMware ESXiを試してみた。ESXiはハードウェアをかなり選ぶので、慎重にハードウェアを選ぶ必要がある。

 ESXiをインストールするハードウェアで一番のネックになるのは、データの保護とNICの選択になる。今回はここにフォーカスしてまとめていきたい。

Continue reading »

2月 192010
 

 Firefoxが3.6になって以降、VMware ServerのFirefox向けプラグインが動作しなくなってしまった。

vmware-vmrc-timed-out.png

 公式フォーラムにもトピックが立っていて(Firefox 3.6 and vmware remote console doesn’t open.)、Windows的には「IEでやればいいじゃん」というのが割と楽な解決方法だとは思う。だが、私のようにLinux版だとIEという選択肢がないので少し困ったことになった。

 なので、直接プラグインに含まれているコンソールを立ち上げることにした。

Continue reading »