10月 312011
 

 「漢のコンピュータ道」の奥野幹也氏がblogで触れておられた MySQL Developer Day – Tokyo に参加してきた(当日のスライドはこちら)。セミナーの委細については既に他のブログで触れられているので割愛するとして、参加してみた感想だけ少し触れておきたい。

 業務で MySQL 4.0 と MySQL 5.0、自宅で MySQL 5.1 も触っているが、個人的には PostgreSQL のほうが長いし経験もあると思っている。が、参加してみて、Web に限って言えば現時点では MySQL, 特に MySQL Cluster のほうがポテンシャルは高いと感じた。

Continue reading »

7月 082011
 

 「今時 MySQL 4.0 かよ」という話もあるかもしれないが、過去のしがらみで未だに MySQL 4.0 を泣く泣く使用している環境というのはそれなりにあると思う。そういうケースの殆どは、4.1 以降で文字コード周りが大きく変更され、アプリケーションの更新のコストがかかりすぎるといった感じだろう。

 だがしかし、MySQL 4.0 がリリースされてもはや 5 年以上、そろそろ OS 側のサポート期限が切れつつあると考えられる。MySQL 4.0 のころは RHEL/CentOS 4 前後だとは思うが、その RHEL 4 のサポート期限は来年早々の2012年2月29日、CentOS 4 も同等だがプロジェクト内でゴタゴタしていて今後更新されるかもあやしいかと思う。そういった状況で実機のリプレイスを考える場合、MySQL のバージョンはそのままに、でも OS はセキュリティの関係でできるだけ最新にしたいというケースがあるだろう。

 ちょうど仕事でそういうケースに遭遇したので、今回は新しめのディストリビューションで MySQL 4.0 を動かす場合の注意点を考えていきたい。

Continue reading »