5月 152012
 

 私事ながら、2年半ほど前に長男が誕生した。妊娠が判明する前は自分が親になるなど全く想像だにできなかったが、実際に産まれてみると、ベビーベッド上で今どうしているのか非常に気になるものでもある。なので、Gentoo Linux を入れた小型 PC と webcam を組み合わせてライブ監視カメラを作ってみた。その後、犬のケージの監視や、息子がたまにサーバの電源を切ってしまうのでそれの監視など、何かしら webcam を監視カメラとして使っている。

 当初、ベビーベッドカメラとして使用した PC は、今は亡き T・ZONE PC DIY SHOP で投げ売りされていたユニティ製 Piccolo。サイズは非常にいいのだが、VIA C3 1GHz と処理能力的にはかなり最低ラインに近いものになる。今では ZOTAC などからZOTAC から AMD Fusion E350 搭載 コンパクトベアボーンなども出ているので、このへんを投入するといいかと思われる。

Piccolo

Piccolo


Continue reading »

5月 082012
 

 かなり以前に Postfix を DKIM 対応にするネタを書いたが、その後、dkim-milter は OpenDKIM にリプレイスされた。遅ればせながら今回、OpenDKIM に乗り換えてみた。dkim-milter のままでも問題はないが、1 MTA で複数のドメインに対して複数の DKIM-Signature を付けられるようになったので、ぜひ乗り換えるべきだと思う。

Continue reading »

4月 222012
 

 何も考えずにKVMを検証している自分のデスクトップ環境の udev を 180 系列に上げてリブートしたところ、/dev/kvm が見えなくなった。よくよく調べてみると、/dev/sd* なども見つからない。とりあえず udev が原因だとは分かっていたので 171 に落として運用していた。

 Gentoo Linux の場合、こういったハマり所は emerge 完了時のメッセージで表示されることがある。今回はそれを見落としていたのだが、udev-182 needs CONFIG_ DEVTMPFS in kernel | MyGNU.de を読んでようやく気づいた。

Continue reading »

2月 062012
 

 旧 tech::dameningen で Linux-PAM 0.99 upgrade guide の超意訳文を公開していたが、不幸な RAID のトラブルにより消えていた。面倒なのでそのままにしていたが、最近、IBM developperWorks の記事からリンクされていることに気づいたのでサルベージしたものを再掲しておく。なお、内容は最初に翻訳した2007年11月28日時点のものなので、現在では変更されている可能性があることに気をつけて欲しい。

Continue reading »

1月 242012
 

 普段、職場でも Gentoo Linux を使っている私だが、自宅の開発環境も Gentoo Linux で、GUI周りの更新については自宅で検証してから職場で導入するようにしている。最近、~amd64 に GNOME 3 環境が降りてきたが、特に UI 周りの前評判が悪いこともあって更新を見送っていた。とはいえ、GNOME 3 に更新するのか、xfce4 に移行するのか、はたまた GNOME を捨て去って Gentoo Linux 以前に使っていた KDE に戻るのか決めるべきときにきたこともあり、まずは GNOME 3 を入れて試すことにした。

 更新にあたり、Gentoo 本家の GNOME 3.2 Upgrade Guide を自分用に以下、超和訳してみた。自分用超和訳なので意訳箇所も多いし、誤訳もある可能性もある。

Continue reading »

1月 182012
 

 この blog もホストしている自宅ネットワークでは、基本的に DNS やメールサーバなど、ほぼ全てのサービスを自宅ネットワーク内で提供している。ただ、現実問題として様々な問題から外部サーバが必要になる場合もある。そのため、さくらのVPSを借りて以下を外部から行なっている。

  • セカンダリ DNS
  • 自宅ネットワーク・サービスの死活監視
  • 自宅ネットワーク不通時の代替ページ表示 (予定)

 通常時の負荷はそんなに高くないので月額 980 円の一番安いプランで稼動しているし、用途が用途なので自宅 IP からのアクセスを除き、iptables で DNS の 53 番ポート以外のパケットを DROP している。当初はデフォルトの CentOS 5 で稼動していたが、自宅ネットワーク内の各サーバは Gentoo Linux で動作していることもあり、一台だけ CentOS なのは気分的なものも含めて何かと引っかかるところがあった。

 そこで、「Ruby x Agile version:β – さくらの VPS に Gentoo Linux をインストールする」を参考に、Gentoo Linux をインストールしてみた。ただ、この手順どおりにインストールするのではなく、パーティション構成などを極力自分の好みの状態にした状態でインストールしている。

Continue reading »

11月 262011
 

 Linux Kernel 3.1.1 にしてからだと思うが、Intel EXPI9402PT サーバアダプタの調子が悪い。具体的には、以下メッセージが出て NIC が5〜10秒間前後停止する。

e1000e 0000:01:00.0: eth1: Detected Hardware Unit Hang:
TDH                  <36>
TDT                  <36>
next_to_use          <36>
next_to_clean        <4a>
buffer_info[next_to_clean]:
time_stamp           <1010a56e9>
next_to_watch        <4f>
jiffies              <1010a612f>
next_to_watch.status <0>
MAC Status             <80383>
PHY Status             <792d>
PHY 1000BASE-T Status  <3800>
PHY Extended Status    <3000>
PCI Status             <10>
------------[ cut here ]------------
WARNING: at net/sched/sch_generic.c:255 dev_watchdog+0x251/0x260()
Hardware name:
NETDEV WATCHDOG: eth1 (e1000e): transmit queue 0 timed out
Modules linked in: pppoe pppox e1000e coretemp snd_seq_dummy snd_seq_oss snd_seq_midi_event snd_seq snd_seq_device snd_pcm_oss snd_mixer_oss snd_hda_codec_analog snd_hda_intel snd_hda_codec snd_hwdep snd_pcm snd_timer snd uvcvideo snd_page_alloc
Pid: 0, comm: swapper Not tainted 3.1.1-gentoo #3
Call Trace:
  [] ? warn_slowpath_common+0x7b/0xc0
[] ? warn_slowpath_fmt+0x45/0x50
[] ? dev_watchdog+0x251/0x260
[] ? run_timer_softirq+0x12f/0x250
[] ? qdisc_reset+0x40/0x40
[] ? tick_handle_oneshot_broadcast+0xec/0x120
[] ? __do_softirq+0x98/0x120
[] ? call_softirq+0x1c/0x30
[] ? do_softirq+0x4d/0x80
[] ? irq_exit+0x8e/0xb0
[] ? do_IRQ+0x5c/0xd0
[] ? common_interrupt+0x6b/0x6b
  [] ? acpi_idle_enter_simple+0xd2/0x104
[] ? acpi_idle_enter_simple+0xcd/0x104
[] ? acpi_idle_enter_bm+0xdf/0x264
[] ? cpuidle_idle_call+0xa7/0x100
[] ? cpu_idle+0x6a/0xc0
[] ? start_kernel+0x32d/0x338
---[ end trace a9d593cc6daa51d1 ]---
e1000e 0000:01:00.0: eth1: Reset adapter

 「————[ cut here ]————」以降のトレースは滅多に出ないが、「 Detected Hardware Unit Hang」が出ると数秒後にドライバが NIC をリセットするまで通信が止まってしまう。そのため、このポートでサービスしている何かに対して死活監視しているとアラートが上がることがある。少なくとも私はいくつかの Web サービスに対する死活監視アラートが届いてこの問題に気づいた。

Continue reading »