2月 292012
 

 前回対策後、やはり FullHD では再起動問題が発生するため、MicroSDのI/O帯域が原因ではないかと思い、2月頭に Samsung 製の Class10 MicroSDHC カードを買って1ヶ月ほど試してみた。結果から先に言えば、この1ヶ月間で 32GB を3周するほど使ってみたが、再起動は発生していない。

Continue reading »

2月 262012
 

 前回紹介した SparkFun USB Weather Board だが、マイコン周りは Arduino と同等なので、自分でファームウェアを書き換えたりもできる。今回、SparkFun のサイトから USB Weather Board の最新ファームウェアをダウンロードした上で、湿度表示が小数点表示になるように変更してみた。

SHT15 temperature:              10.05 deg C
SHT15 humidity:                 42.1 %
SHT15 dewpoint:                 -2.27 deg C
BMP085 pressure:                1004.88 mbar
BMP085 temperature:             11.20 deg C
TEMT6000 light:                 0.1 %
Weather meters wind speed:      0.0 m/s                 FAIL
Weather meters wind direction:  -1 degrees      FAIL
Weather meters rainfall:        0 mm            FAIL
External power:                 0.00 Volts      FAIL

Continue reading »

2月 182012
 

 前回の記事で、USB-RH で取得した室温と相対湿度を ZABBIX で記録する件を紹介したが、ここまで記録したらいっそ自宅の気象情報を取りたくなってきた。そこでちょっと調べてみると、SparkFun から出ている USB Weather Board を使うと気温、相対湿度、気圧を取得でき、さらにオプションの Weather Meters を使えば風向・風力および降水量を取得できることが分かった。Strayberry Linux でも取り扱っているが、円高の昨今、サポートさえ気にしなければ個人輸入した方が安くつくかと思う。今回はとりあえず USB Weather Board のみ買ってみた。

USB Weather Board V3

USB Weather Board V3


Continue reading »

2月 172012
 

 少し前に、息子に金魚を買ってあげようと思ってペットショップに行ったのだが、そこで格安で売られているチワワを見つけてしまい、ついつい買ってしまった。当時生後2ヶ月半前後で、特に障害もない。むしろチワワとしてもかなり可愛い部類に入っていて、どう見ても15万前後するような犬が Mac mini を買うような感覚で買えるお値段だったのでお救いするしかないと思った次第。

チワワ

 結局我が家ではリビングに犬用サークルを置いてそこで飼っているが、深夜帯は1匹そこで寝ていることもあって、室温の相当な低下が予想される。だが、当然寝ているのでどれくらいの室温になっているか全く不明なので、Strawberry Linux から出ている USB-RH を設置して、Gentoo Linux と ZABBIX を組み合わせてモニタリングすることにした。

USB-RH
Continue reading »

2月 062012
 

 旧 tech::dameningen で Linux-PAM 0.99 upgrade guide の超意訳文を公開していたが、不幸な RAID のトラブルにより消えていた。面倒なのでそのままにしていたが、最近、IBM developperWorks の記事からリンクされていることに気づいたのでサルベージしたものを再掲しておく。なお、内容は最初に翻訳した2007年11月28日時点のものなので、現在では変更されている可能性があることに気をつけて欲しい。

Continue reading »