7月 272011
 

 これまで VMware ESXi, Xen と試してみたが、Linux と親和性が高いと言われる仮想環境としては、他に RedHat が強くプッシュする KVM (+ QEMU) がある。KVM というと、Keyboard, Video and Mouse のほう、KVM 切替器を思い出してしまうが、今回は Kernel-based Virtual Machine のほうである。せっかく色々と試せるマシンもあるので、今回はこれを試してみた。

 KVM の特徴としては、

  • KVM は CPU + メモリ周り + ごく一部の I/O しかエミュレートしない。I/O 周りは QEMU などを組み合わせて使う。
  • 先にカーネルにマージされたこともあり、Xen より開発が活発。
  • ハイパーバイザ側、仮想側ともにバニラカーネルで動作する。
  • バニラカーネルで動作するので、使うハードウェアはバニラカーネルで動けば問題ない。(ここは基本的に Xen と同じ)
  • 基本的に完全仮想化だが、Virtio という I/O 周りの準仮想化ドライバも存在する。
  • Xen と同じく libvirt で管理可能。

あたりだろうか。バニラカーネルで動作するのは最新カーネルが動作するという意味で Xen に大して優位性があったが、Xen もカーネル 3.0 から正式に dom-0 向けの機能がマージされたので、ここは大きな優位性ではなくなった。

Continue reading »

7月 102011
 

 この blog をホストしているマシンも含めて我が家には何台かのマシンが常時稼働しているが、データセンタと違って一般家庭のリビングに置かれているので環境はあまりよくない。

db.jpg

 昨今のデータセンタだと、床面はアルミ二重底にしたりして埃が立たないようにしているところも多いが、一般家庭だと当然埃も多い環境になる。長らく掃除をしていなかったが、一度電源を落として掃除機で中まで清掃してみた。

Continue reading »

7月 082011
 

 「今時 MySQL 4.0 かよ」という話もあるかもしれないが、過去のしがらみで未だに MySQL 4.0 を泣く泣く使用している環境というのはそれなりにあると思う。そういうケースの殆どは、4.1 以降で文字コード周りが大きく変更され、アプリケーションの更新のコストがかかりすぎるといった感じだろう。

 だがしかし、MySQL 4.0 がリリースされてもはや 5 年以上、そろそろ OS 側のサポート期限が切れつつあると考えられる。MySQL 4.0 のころは RHEL/CentOS 4 前後だとは思うが、その RHEL 4 のサポート期限は来年早々の2012年2月29日、CentOS 4 も同等だがプロジェクト内でゴタゴタしていて今後更新されるかもあやしいかと思う。そういった状況で実機のリプレイスを考える場合、MySQL のバージョンはそのままに、でも OS はセキュリティの関係でできるだけ最新にしたいというケースがあるだろう。

 ちょうど仕事でそういうケースに遭遇したので、今回は新しめのディストリビューションで MySQL 4.0 を動かす場合の注意点を考えていきたい。

Continue reading »

7月 062011
 

 Linuxでの変換効率は今でもATOK X3が最高だとは思っているが、リリースからもう4年近く、そろそろ現行のディストリビューションではちょこちょこ不具合も出てきた。かといってAnthyに戻るのは変換効率に差がありすぎる訳だが、ここ最近、Google IMEのオープンソース版、mozc (モズク) がこなれてきているので乗り換えてみた。

Continue reading »