1月 312011
 

 ドライブレコーダー mobitech DR-3000はブロックノイズが気になると何度か書いているが、近所のケヤキ並木を走ってみたところ、気になる程度では済まないくらいのブロックノイズが映ってしまった。もはや監視用動画としては破綻しているレベルだ。

vlcsnap-2011-01-31-20h37m11s70.png

Continue reading »

1月 282011
 

 自宅サーバを置いていると、サーバを増設したいことがある。理由は色々あるが、

  • 既存のサーバの負荷が増大している場合。
  • 冗長化。
  • 目的別に別途サーバを立てたい場合。
  • サービス別にクリーンな環境を確保したい場合。

などが挙げられる。前2ケースは別個物理サーバを置いたほうがいいだろう。特にデータベースなどはCPU負荷よりもI/O負荷がネックになる場合が多いので、こういうケースは物理サーバを増設するのが望ましい。

 だが後二者に関しては、サーバを仮想化してしまうのが電気代などのランニングコストや維持管理にかかる機会費用を考えても望ましいだろう。とはいえ、過去使っていたVMware Serverなどのホスト型仮想環境はオーバーヘッドも高く、そもそもVMware Serverは見捨てられている感もある。なので、ハイパーバイザ型で4.0より無料化されたVMware ESXiを試してみた。ESXiはハードウェアをかなり選ぶので、慎重にハードウェアを選ぶ必要がある。

 ESXiをインストールするハードウェアで一番のネックになるのは、データの保護とNICの選択になる。今回はここにフォーカスしてまとめていきたい。

Continue reading »

1月 262011
 

 ながらくblogを放置してしまった。

 さて、少し前になるが、YouTubeで岡山県倉敷市霞橋での衝撃的な事故の動画がupされていた。被害者家族の方が作っているサイトによると、相手のシエンタは携帯でメールしながらハンドル操作を誤ったらしい。こういった大きな事故はそうそうなくても、車を運転していると無灯火で逆走してくる自転車や無理な割り込みなど、ヒヤリハットはいくらでもある。それを踏まえて、ドライブレコーダーを試してみた。

 個人的にドライブレコーダーで欲しい機能は、欲しい順に

  • 常時録画できること。
  • 常時録画中に、各ファイルの間で記録されない時間が発生しないこと。いわゆる「あんしんmini病」が発生しないこと。
  • 音声録音できること。
  • できるだけ画質がいいこと。最低100万画素。
  • 衝撃センサー内蔵であること。
  • GPS内蔵であること。

だろうか。

 自動車用品量販店にあるものは衝撃センサーで衝撃を検知したのみ記録のものが多いが、事故にはならなかったがヒヤリハットな状況を記録できること、また、帰省など、遠出のときの記録ができることが挙げられる。また、常時録画のドライブレコーダーであればで自分の運転について反省会も出来るだろう。
 記録ボタンを押すタイプは、事故のタイミングで押し忘れがありそうだということも追記しておく。

 画質の件はもちろんHD画質が望ましいが、ここはそれ以外の要件とのバランスだと思う。ナンバーなどは最悪音声記録すればいいだろうし、たとえHD画質でもトンネル前後でホワイトアウトしてしまうのでは意味がないだろう。

 GPSについては、これはなくてもいいとは思う。ただ、時計がGPS衛星搭載の原子時計と同期されるために時刻記録が正確であること、速度が記録されることから、停車していたか、制限速度を遵守していたかなど(場合によっては)こちらに有利な記録となりえることから、これはできれば外したくない機能だろう。

 以上を踏まえて、今回試したのは、VISIONDRIVE VD-3000J と mobitech DR-3000 の2機種になる。どちらも国民性なのか、ドライブレコーダーが発達している韓国製である。

Continue reading »