7月 302010
 

 前回に引き続き、今回は建売を買う上での諸費用について。

 新築建売でも中古でも注文住宅でも何でもいいが、家を買うとき、例えば価格が3,000万円だったとして、3,000万円だけで済むわけではない。住宅ローンを組まずに即金で買ったとしても、本体価格以外に大体以下の費用が必要になってくる。

  • 売買契約書に貼る印紙代(印紙税)。
  • 土地・建物の所有権保存・移転登記料。場合によっては司法書士への報酬。
  • 不動産屋への仲介手数料。
  • 都市計画税・固定資産税の日割り精算。
  • 不動産取得税。
  • 火災保険。

建売の場合は、不動産取得税は減免措置などで0になるケースもままある。電話で確認したところ、東京都の場合は不動産取得や減免措置の届け出などを提出しなくても、不動産取得税が減免措置後にさらに課税される場合のみ申請書を送ってくるとのこと。

 さらに、住宅ローンを組んだ場合は以下が追加される。

  • 住宅ローン事務手数料。
  • 金銭消費貸借契約書に貼る印紙代(上記事務手数料に含まれる場合もある)。
  • 保証料。

 これに加えて、新築の注文住宅の場合、カーポートなどの外構工事、地盤改良などがあるらしい。建売の場合は、前回も書いたとおり、カーテンや雨戸の施工費用がかかる場合がある。

 以外に忘れるのが引っ越し費用だろう。また、賃貸マンションからの引っ越しの場合、照明器具やクーラーなどの家電買い増しと設置が割とかかったりするので気を付ける必要がある。

Continue reading »

7月 272010
 

 Linux上のFirefox3.6.xまたはThunderbird 3.x上でCtrl+Pを押す、またはメニューから印刷または印刷プレビューを選んだ瞬間にFirefox/Thunderbirdがクラッシュっぽい。これは、CUPS 1.4.4との組み合わせで発生する模様。詳細はこちらだが、落ちる理由はまだ不明の模様

 ちなみに、CUPS 1.4.3以下なら動作する。セキュリティの問題に目をつぶるなら、Gentooはcups-1.3.11-r2がstableなのでこちらに落とすか、または「Gentoo Bug 325469 cups-1.4.4 causes Firefox 3.6.4 to Crash in print dialog」に1.4.3のebuildがあるので、これを使って1.4.3に落とす感じだろうか。

Continue reading »

7月 162010
 

 ググるとMovableTypeからfc2にトラックバックできないことは割と出てきて、原因はfc2がIPアドレスベースでトラックバックに制限をしているらしいってことが出てくるが、反対にfc2ブログからMovableTypeにトラックバックできないことがままある。

 症状としては、ApacheなどWebサーバのアクセスログにはfc2からトラックバックが飛んできてHTTPステータス200を返しているが、MovableTypeにはトラックバックされた痕跡が全くないこと。MovableTypeは mt_tbping テーブルに受信した全てのトラックバックを保存していてスパム扱いのものも例外ではない。だが、fc2からのトラックバックの場合、Webサーバのログにはあるが mt_tbping テーブルには全く保存されていない = MovableTypeの管理画面から全く表示されない事態が割と発生する。

 今回はそんなfc2からのトラックバックがMovableTypeで受信できない件について調査した。なお、仕事で調査し、途中で多忙のためにチームメンバーに振ったタスクだったりする。本人と役員の許可を得た上で以下の通り公開しておく。

Continue reading »

7月 132010
 

 新しく購入したカラーレーザプリンタHL-3040CN。今のところは2,400dpi相当出力でもメモリ不足になったことはないが、将来的にカラフルな出力をした場合に割とメモリ不足になることがAmazonのHL-3040CNのレビューにもあること、メモリが多ければ多いほどスプールも速くなる = クライアント側から手が離れるのが早いので、メモリを増設してみた。

 HL-3040CNに対応しているメモリはPC133 SD-RAM(SO-DIMM)。5年以上前にメジャーだった規格かつ相対的に安価なDIMMではなくSO-DIMMなので微妙に高かったりする。カカクコムを見ると2,000円未満でいくつかあったが、面倒なのでアマゾンのHL-3040CNのページに出ていたレコメンドのメモリを買ってしまった。

Continue reading »

7月 122010
 

 我が家には、複合機としてBrother MFC-930CDN(今は後継機のMFC-J950DN)がある。電話・FAX・スキャナ・プリンタ・コピー機としてそれなりに使え、かつMac/Linuxからもプリントアウトできるというすばらしい複合機なのだが、問題はインクジェットで

  • 目詰まりしやすい。
  • 印刷が遅い。

といった、インクジェットの宿命も背負っている。

 実は学生時代に使っていたモノクロレーザプリンタEPSON LP-1900Nもあるのだが、何故かネットワーク経由でCUPSから出力するとプリンタがハングアップしてしまう。つまり、MacでもLinuxでもプリントアウトできない問題を抱えている。それがあるので入籍したときにMFC-930CDNを買ったのだが、やはりレーザプリンタの魅力は捨てがたいものがあった。

 そこで目にしたのがHL-3040CN。カラーレーザプリンタなのに実売価格3.4万程度、しかも2010/7/31まで1万円キャッシュバック、NIC完備、Linuxドライバありと、我が家のニーズを全て満たすカラーレーザプリンタだった。

Continue reading »